アクションコミックスVol1

このページには、アクションコミックス(Volume 1)に関する情報が含まれています。アクションコミックスは、史上2番目に長く続いているコミックシリーズであり、探偵コミックス(第1巻)のみがより長く出版されています。 2018年には、

アクションコミックスVol1(1938)

アクションコミックスVol1

アクションコミックスは、探偵だけで、史上2番目に長い漫画シリーズでした。コミックス(第1巻)が長く出版されました。 2018年には、1,000号を発行したのは、歴史上2番目のアメコミ(1930年代から1960年代のデルコミックスのタイトルFour Colorに続く)になりました。

その由緒ある出版の歴史は別として、アクションコミックスは世界で最も有名なスーパーヒーローであるスーパーマンの発祥の地としてより有名です。スーパーマンは、1938年6月にアクションコミックス#1のタイトルシーケンスストーリーに初登場しました。

出版の最初の数年間、アクションコミックスはアンソロジーシリーズとして存在し、コンゴビルからザターラまでのさまざまなキャラクターをフィーチャーした複数の12ページのストーリーを特集しています。 1950年代までに、スーパーマンの人気は頂点に達し、そのタイトルは非公式に「スーパーマン」タイトルと見なされるようになりました。 1970年代までに、アクションコミックスはスーパーマンだけを特集し、アトムやアクアマンなどのさまざまなキャラクターにスポットライトを当てた8ページのバックアップストーリーを時折掲載しました。 1969年と1970年の1年間、バックアップストーリーはスーパーヒーローの軍団の本拠地でした。

1980年代半ば、アクションコミックスはいくつかのフォーマット変更に耐えました。 1986年9月、危機後のスーパーマンの再発売イベントに備えるために、タイトルは4か月の出版休止になりました。 DCコミックの編集者は、3つの定期的なスーパーマンのタイトルを作成したいと考えていました。 1987年1月から、アクションコミックスは後期コミックタイトルのDCコミックスプレゼンツのフォーマットに従って、スーパーマンのチームアップブックになりました。有名な50周年記念ランドマーク600号までこのステータスを維持しました。 #601–642号から、アクションコミックスは再び48ページのアンソロジーシリーズになりましたが、今回は週刊で配布され、タイトルは正式にアクションコミックスウィークリーに変更されました。第643号で、アクションコミックスウィークリーは元の月刊に戻り、タイトルはアクションコミックスに戻されました。毎週の短い在職期間は、アクションが発行数で古い探偵コミックスを通過するのに貢献しました。

毎月の発行スケジュールが復活すると、スーパーマンのストーリーは章ベースの連続性に従い始め、ストーリーラインはあるタイトルから次のタイトルに移動しました。消費者に簡単にアクセスできる読書順序を提供するために、DC編集スタッフは各号の表紙に表示されている二次番号付けシステムの使用を開始しました。これらの連続性マーカーは非公式に「三角数」と呼ばれ、各発行年の終わりにリサイクルされました。 1990年代半ばから後半に発行されたすべてのスーパーマンコミック(アニュアルとスペシャルを含む)は、表紙に連続した章番号を持っていました。最終的に、作家は再び単一のタイトルにストーリーラインを含め始め、DC編集者は表紙にチャプターマーカーを提供することをやめました。この慣習は、2年間のニュークリプトンのストーリーで復活しました。

2011年、New 52の再起動の一環として、アクションコミックの番号が1番にリセットされ、「ボリューム2」が発売されました。しかし、これは一時的なものであることが判明しました。5年後にレガシーの番号が復元され、2年後にアクションが1,000号のマイルストーンに到達できるようになりました(雑誌とスーパーマンの両方の80周年に一致)。

コンテンツ

  • 1の問題
    • 1.1 1–50
    • 1.2 51–100
    • 1.3 101–150
    • 1.4 151–200
    • 1.5 201–250
    • 1.6 251–300
    • 1.7 301–350
    • 1.8 351–400
    • 1.9 401–450
    • 1.10 451–500
    • 1.11 501–550
    • 1.12 551–600
    • 1.13 601–650
    • 1.14 651–700
    • 1.15 701–750
    • 1.16 751–800
    • 1.17 801–850
    • 1.18 851–904
    • 1.19 957–1000
    • 1.20 1001–現在
    • 1。21年次
    • 1。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です