バットマン:ロングハロウィーンVol 1 10

「第10章:独立記念日」:7月4日、ホリデーは再び攻撃し、ゴッサムドックでゴッサムシティコロナーを殺害し、銃とアメリカの国旗を掲げた自由の女神のミニレプリカ。花火がすべて表示されている間、このすべて

Quote1.pngああ、私の足とひげ! Quote2.png —キャットウーマン

バットマン:ロングハロウィーン#10は、シリーズ「バットマン:ロングハロウィーン(第1巻)」のカバー日付きの号です。 1997年9月の。

コンテンツ

  • 1概要 “第10章:独立記念日」
  • 2「第10章:独立記念日」に登場
  • 3関連項目
  • 4推奨読書
  • 5つのリンクと参照

「第10章:独立記念日」の概要

7月4日、ホリデーが再び襲撃し、ゴッサムシティコロナーを殺害ゴッサムドック、彼の銃とアメリカの旗を持っている自由の像のミニレプリカを残しました。ゴッサムのスカイライン全体に花火が打ち上げられている間、このすべて。

ブルース・ウェインはウェイン・マナーでセリーナ・カイルとデートしています。セリーナは、ブルースが「結局ゴッサムを離れない」理由に興味を持っていますが、彼は答えることができません。バットシグナルがアクティブになるまで、彼らは優しい瞬間を共有します。

バットマンがGCPD本部に到着し、ハーベイデントが彼を召喚した人物であることがわかりました。デントはバットマンに、ブルース・ウェインのせいで間違いを犯し、次の裁判でカーマイン・ファルコーネを告白するサル・マロニとの契約を結んだと語った。デントはバットマンに、ファルコーネが逮捕された後、彼は街を離れる予定であると語った。その瞬間、ジェームズゴードンが現れ、ホリデーの最新の犠牲者について話します。近くの建物で、キャットウーマンは注意深く耳を傾けます。

サルマロニはゴッサム刑務所にいて、彼が告白する裁判を待っています。ファルコンソフィア・ファルコンが彼を訪ね、彼のせいで刑務所にいること、そして彼を裏切ったことは一度もないことを思い出させるサルとソフィアは激しくキスし、ソフィアはサルにゴッサム組織犯罪の共通の敵はハーベイ・デントと

一方、ゴードンの家で、ギルダ・デントはバーバラに、ハーヴェイのことを心配していると言います。彼は「ローマの場合」。ギルダはハーヴェイを取り戻したいだけです。

ゴーサムドックでは、ゴードンとバットマンが犯罪現場を調べましたが、何の影響もありません。キャットウーマンはそう遠くないところに彼らをスパイしています。その瞬間、ゴッサムのスカイラインに緑色の爆発ライトがいくつか現れ、ゴードンはなぜいつもより花火が多いのか疑問に思います。バットマンはよく知っているので、ゴードンを一人にして街に出て状況を調査します。

ライトは花火ではなく、かかしの恐怖毒を途中で拡散させる遠隔操作のロケットです。ロケットの1つが銀行預金の正面玄関で爆発し、かかしとマッドハッターが中に入るのに十分なスペースを作ります。アーカムアサイラムからの脱出後のイベントへの復讐のために、バットマンが到着してかかしを殴り倒すと、彼らはすべてのお金を取り始めます。マッドハッターはバットマンに銃を向けますが、キャットウーマンは彼を後ろから攻撃し、彼を倒しますバットマンはキャットウーマンになぜ一晩中彼をフォローしているのかと尋ねます。キャットウーマンは答えず、代わりにバットマンに彼女と一緒に去るように提案しますが、ダークナイトは彼に仕事があるので拒否します。失望したキャットウーマンは彼を去り、それが独立の代償であると彼は考えています。

「第10章:独立の日」に登場

注目のキャラクター:

  • バットマン

サポートキャラクター:

  • ハーベイデント
  • ジェームズゴードン

拮抗薬:

  • ゴッサム組織犯罪
    • サルマロニ
    • ソフィアギガンテ
    • バーノンウェルズ
  • かかし
  • マッドハッター
  • ホリデー

その他のキャラクター:

  • キャットウーマン
  • バーバラゴードン
  • ギルダデント
  • ゴッサムシティコロナー(外観のみ、死亡)
  • ジェームズゴードンジュニア

場所:

  • ゴッサムシティ
    • ウェインマナー
    • GCPD本部
    • ゴッサムドック

アイテム:

  • バットシグナル
  • バタラン
  • かかしの恐怖毒

車両:

関連項目

  • バットマンのカバーギャラリー:ロングハロウィーンシリーズ
  • バットマンからの画像:The Long Halloween Vol 1 10

推奨読書

  • バットマン推奨読書
    • バットマン(第1巻)
    • バットマン(第2巻)
    • バットマン(第3巻)
    • バットマンとロビン(第1巻)
    • バットマンとロビン(第1巻)第2巻)
    • バットマン機密(第1巻)
    • バットマン:ゴッサムナイツ(第1巻)
    • バットマン:ダークナイトの伝説(第1巻)
    • バットマン:バットの影(第1巻)
    • バットマン:ゴッサムの街(第1巻)
    • バットマン社(第1巻)
    • Batman Incorporated(Volume 2)
    • バットマン/スーパーマン(第1巻)
    • バットマン/スーパーマン(第2巻)
    • バットマン:ダークナイト(第1巻)
    • バットマン:ダークナイト(第2巻)
    • ブレイブ&ボールド(第1巻)
    • 探偵コミックス(第1巻)
    • 探偵コミックス(第2巻)
    • スーパーマン/バットマン(第1巻)
    • 世界最高級(第1巻)

リンクとリファレンス

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です