バットマン:2年目-死神を恐れる(収集)

このペーパーバックは、バットマン:2年目のストーリーとその続編であるバットマン:フルサークルを集めたものです。両方の物語はマイクW.バーによって書かれました。バットマン:2年目のストーリーは、前半はアラン・デイビスとポール・ニアリー、後半から第4部はトッド・マクファーレンとアルフレド・アルカラによって説明されました。バットマン:フルサークルは、アランデイビスとマークファーマーによって説明されました。

バットマン:2年目は、1987年6月から1987年9月までのコミックシリーズ「ディテクティブコミックス」と「バットマン:フルサークル」で、1991年にワンショットで出版されました。

これらの物語は、バットマンがその保護者としてゴッサムの街をうろついている2年目を探ります。ダークナイトがジェームズゴードンとの関係の基盤を築き続けると、ゴッサムの元の警戒者であるリーパーは街に戻り、致命的な取引を開始します正義感。体の数が増えるにつれて、バットマンは彼の存在に責任がある男、ブルースウェインの両親の殺人者であるジョーチルと不安な同盟を結ぶ必要があります。バットマンは過去の感情と幽霊に苦しんでいるので、彼はリーパーが次の犠牲者になる前に、リーパーの殺人的な猛攻撃を止める方法。

問題

このペーパーバックには、次のコミックブックが集められています。

  • 探偵コミック#575(死神を恐れる)
  • 探偵コミック#576(悪魔との取引)
  • 探偵コミック#577(致命的な味方)
  • 探偵コミック#578(So Shall Ye Reap)
  • バットマン:フルサークル

関連

  • 探偵コミック(第1巻)の他のコレクション
  • バットマン
  • 探偵コミック(第1巻)

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です