コナミコマンド

コナミコマンド-01.jpg

コナミコマンドは、いくつかのボタンに表示されるボタンの特別な組み合わせです。 Castlevaniaシリーズを含むコナミコマンド。このコードは最初に公開されて以来、一般的な大衆文化の一部になり、コナミ以外の多くのゲームや、衣類、広告、ゲーム関連以外のソフトウェアなどのさまざまなメディアにも登場しています。

コンテンツ

  • 1履歴
  • 2入力
    • 2.1バリエーション
  • 3ゲーム固有の情報
    • 3.1アクマジョスペシャル:ぼくドラキュラくん
    • 3.2悪魔城ドラキュラ:血統
    • 3.3キャッスルヴァニアクロニクル
    • 3.4キャッスルヴァニア:不協和音の調和
    • 3.5キャッスルヴァニア:影の支配者
    • 3.6キャッスルヴァニア:影の支配者2
      • 3.6.1 Xbox 360
      • 3.6.2 PlayStation 3
    • 3.7悪魔城ドラキュラレクイエム:夜の交響曲/ロンドオブ血
  • 4つの外部リンク

歴史

このコードは1986年に最初に使用されましたニンテンドーエンターテインメントシステム用のグラディウスのリリースですが、ゲームでの使用がほぼ必要なため、「コントラコード」と「30ライブコード」の両方とも呼ばれるNESバージョンのコントラで北米のプレーヤーの間で人気がありました。

コナミコマンドは、1985年のアーケードゲーム「グラディウス」のホームポートを開発していた橋本和久によって作成されました。グラディウスは、1986年にファミコンでリリースされた水平スクロールシューティングゲームです。テスト中にゲームをプレイするのが難しすぎることがわかりました。 、彼はプレイヤーにパワーアップのフルセットを提供するためのチートコードを作成しました(通常はゲーム全体で徐々に達成されます)。橋本がコードを削除するのを忘れた後、コードはリリースされたバージョンにまだ存在していました。プレイヤーはコードを発見して共有しました。このように、コナミコマンドはシリーズ「他の続編とスピンオフ」に含まれていました。

このコードはその後、他の多くのゲームで再利用され、OperaWebブラウザでアクティブ化するために使用されています。非表示の詳細設定。

入力

コードは通常、ゲームデモが始まる前のタイトル画面で入力されます。プレーヤーは、ゲームコントローラーの次の一連のボタンを押して有効にする必要があります。チート:

コナミコマンド-02.png

バリエーション

チートコードの元のバージョンはNESコントローラー用に設計されました。正確なシーケンスはゲームごとに異なり、さまざまなビデオゲームコンソールのボタンレイアウト(主にAボタンとBボタン)に合うように調整されています。例:

  • 文字の代わりに形状を使用するPlayStationコントローラーのコードでは、PlayStation --Circle-01.pngとそれぞれAとBの代わりに。
  • コナミの携帯電話ゲームでは、ボタンは数字パッドの5、7、3に置き換えられています。これは、「コナミ」のゴロアワセの発音です。5はgoと発音されます。 、7はnanaまたは略してnaと発音でき、3、三の漢字はmiのカタカナ記号、つまりミに非常によく似ています。一緒に、これは「go-na-mi」になります。
  • 通常、コードの後に​​最後のボタンを押してアクティブにします。これは通常、[スタート]ボタンに割り当てられますが、一部のゲームでは、[選択]ボタンのように他のボタンに変更される場合があります。
    • カーソルはコードを入力する前と同じ場所で終了するため、一部のゲームでは最後のボタンを完全に押すと、ゲームの開始時にコードが正常に入力されるとすぐにアクティブになります。同時に。
  • 一部のバリエーションでは、←と→の代わりにLとRのバンパーボタンを押す必要がある、または順序を変更するなど、押されるボタンの一部が変更されます。最後の2つのボタンがどのように押されるか(つまり、B、AではなくA、B)。

ゲーム固有の情報

悪魔城スペシャル:ぼくドラキュラくん

効果:イースターエッグ

タイトル画面(最初のカットシーンの後)でコードを入力すると、黒い画面に「ざんえました」というテキストが表示されます。ぱまたぱいろ〜ん!、大まかに「ごめんなさい」と訳されます。 「それはできない!」日本語で。

悪魔城ドラキュラ:血統

効果:エキスパートの難易度と余命

タイトル画面でコードを入力すると(音で確認できます)、[オプション]でエキスパートの難易度を選択できます画面。また、オプション画面の音楽設定をBGM05とSE073に設定した後、タイトル画面で入力すると、9ライフでゲームを開始できるようになります。

コナミはゲームに573という数字を挿入することで知られています。日本語の「Five」はgoで、無声形koに変更されました。日本語の「7」はナナで、ナに短縮されます。日本語の「3」はmittsuで、miに短縮されます。 「573」=こなみ。

悪魔城ドラキュラ

効果:非表示の「オプション」メニューのロックを解除します

PlayStationバージョンのクロニクルで、↑、↑、↓、↓、←、→、←、→、PlayStation-クロス-01.pngPlayStation-サークル-01.pngは、タイトル画面でプレーヤーを非表示のオプションメニューに移動しますこれにより、「システム時間」を調整し、オリジナルモードでステータスバーの透明度をオンまたはオフにすることができます。システム時間は、時計台の針など、ゲーム内の小さなものに影響を与えます。

悪魔城ドラキュラ:不協和音の調和

効果:ボスラッシュモードでサイモンベルモントとして再生

コナミのロゴが表示されたらコードを入力し、ボスラッシュモードを選択して元の8ビットとして再生しますサイモンベルモント、NESのオリジナルのキャッスルヴァニアからの音楽とアニメーション。サイモンの動きが制限されているためにかなり難しいですが、プレイヤーはこのキャラクターでより多くのダメージを与え、他の2人のキャラクターよりもはるかに多くのハートを集めてボスに対するサブウェポンの使用を促進できます。サイモンは最初から特別な武器に制限されていますゲーム:短剣、斧、十字架、聖水(ジャストが使用するときのように動く炎ではなく、元の悪魔城ドラキュラの「静的炎」で攻撃します)。

ゲームが完了してからボスラッシュモードのロックが解除されました。コナミのロゴが表示されているときに次のコードを入力してください:

↑、↑、↓、↓、←、→、←、→、B 、A

悪魔城ドラキュラ:影の支配者

効果:「チート」メニューのロックを解除する

レベルのロード画面でコードを入力して(アナログスティックを使用)、次の場所でチートメニューに入ります。エクストラポイント。

悪魔城ドラキュラ:シャドウ2の支配者

Xbox 360

効果:「チート」メニューのロックを解除する

タイトル画面と自動保存メッセージの後、ガブリエルゲームの現在の章とnをナレーションしますextステージがロードされます(Gabrielが見つめます)。 「スタートボタンを押す」プロンプトが表示されたら、次のように入力します。

↑、↑、↓、↓、←、→、←、→、Xbox360-ボタンB-01.pngXbox360-ボタンA-01.png

コードが入力された場合正常に、ガブリエルはプレーヤーにウィンクします。 Xbox360-ボタンA-01.pngを押すとゲームが開始されますが、新しい「チート」オプションが「エクストラ」メニューに追加されます。

PlayStation 3

効果:「チート」メニューのロックを解除する

タイトル画面と自動保存メッセージの後、ガブリエルはゲームの現在の章をナレーションし、次のステージが読み込まれます(ガブリエル見つめます)。 「スタートボタンを押す」プロンプトが表示されたら、次のように入力します。

↑、↑、↓、↓、←、→、←、→、PlayStation --Circle-01.pngPlayStation --Cross-02.png

コードが正常に入力された場合、Gabrielはプレーヤーにウィンクします。 PlayStation --Cross-02.pngを押すとゲームが開始されますが、新しい「チート」オプションが「エクストラ」メニューに追加されます。

悪魔城ドラキュラレクイエム:夜の交響曲/血のロンド

効果:アクマジョドラキュラペケをロード

コレクションのメインメニューで、コードを入力すると(スタートの代わりにオプションを使用)、ミニゲームの悪魔城ドラキュラペケをロードする前に、古いCRTモニターと同じように、画面がグリッチアウトして歪んでいるように見えます。このミニゲームは、元のRondo ofBloodが誤ったシステムカードが挿入されたPCエンジンコンソールでプレイされた場合にロードされました。

再生される小さなステージの最後に表示されるメッセージは、「悪魔城ドラキュラレクイエムは追加のライフコードをサポートしていません」と述べて、コードの最も有名な使用法をほのめかしています。 [オプション]を押して終了します。」

外部リンク

  • KonamiWikiのKonamiコード。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です