SAMミサイルバッテリー(Civ2)

BackArrowGreen.png建物のリスト

SAMミサイルバッテリー(Civ2).png SAMミサイルバッテリーはCivilizationIIの建物で、防御ユニットに空中/ミサイル攻撃に対して2倍のボーナスを与えます。

そのフルネームは地対空ミサイルミサイルバッテリーです。

戦略[編集|ソースの編集]

Civilopediaエントリ[編集|編集元]

戦争での飛行機の使用は第一次世界大戦中に本格的に始まりました。第二次世界大戦の終わりまでに、戦闘機と爆撃機の使用は一般的であり、空中戦の重要性は高まり続けました、効果的な対航空機防御の重要性がそうであったように。 1950年代、ロケット技術の改良により、爆発性の弾頭を標的に迅速かつ正確に届けるために使用されるコンパクトなミサイルの建設が可能になりました。地対空ミサイル(SAM)のバッテリーは、都市と空中攻撃に対する地上設置。SAMバッテリーの長距離と高精度は、第二次世界大戦の対空ミサイルよりもはるかに効果的な防御を提供しました。

文明IIの建物

空港•水道橋•銀行•兵舎•資本化•大聖堂•市壁•沿岸要塞•コロッセオ•裁判所•工場•穀倉•港湾•水力発電所•図書館•製造工場•マーケットプレイス•大量輸送•原子力発電所•オフショアプラットフォーム•宮殿•警察署•港湾施設•発電所•リサイクルセンター•研究所•SAMミサイルバッテリー•SDI防衛• SSコンポーネント•SSモジュール•SS構造•下水道システム•太陽光発電所•証券取引所•スーパーハイウェイ•スーパーマーケット•寺院•大学

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です