ピクセル

コンピュータービジョンのコンテキストでは、ピクセルまたは画像要素は、の1つのポイントでのスカラー(グレースケールまたはインデックス)またはベクトル(カラーまたはマルチスペクトル)情報の数値です。写真、または画像。画像は通常、ピクセルの配列として表されます。

ディスプレイ、カメラ、プリンターなどの他のコンテキストでは、ピクセルの概念の定義が多少異なる場合があります。

履歴からのこのページの前のバージョン

ピクセル(画像要素のかばん語)は、コンピューターでの画像の表現を構成する多くの小さな点の1つです。通常、ドットは非常に小さく、数が多いため、紙に印刷したり、コンピューターモニターに表示したりすると、滑らかな画像に統合されているように見えます]]。各ドットの色と強度は、コンピューターによって個別に選択され、表現されます。画像の小さな領域。ピクセルはpxまたはpel(画像要素の場合)と省略されることもありますが、pelはサブピクセルを指すこともあります。

== Technical ==

ピクセルは一般的に画像の最小の完全な要素と考えられます。定義はコンテキストに非常に敏感です。たとえば、可視画像(印刷されたページなど)のピクセル、1つ以上の電子信号によって運ばれるピクセル、または1つ以上の数字で表されるl値、またはディスプレイデバイス上のピクセル。このリストは網羅的なものではなく、コンテキストに応じて、特定のコンテキストで正確な同義語がいくつかあります。 pel、sample、bytes、bits、dots、spots、superset、triad、stripe set、windowなど。特に解像度の尺度としてピクセルを使用する場合は、抽象的にピクセルについて話すこともできます。 1インチあたり2400ピクセル、または1行あたり640ピクセル。ドットは、特にコンピューターの販売およびマーケティング担当者がピクセルを意味するためによく使用され、DPIまたは1インチあたりのドット数という略語を生成します。

ピクセルはサブパーツまたはサブピクセルで構成されている場合があることに注意してください。例えば、カラーディスプレイ上のピクセルは、赤、緑、および青のサブパーツ(サブピクセル、サブペルなど)で構成され、そのうちの3つはトライアドと呼ばれることがある。ビデオ信号のピクセルは、RGB部分、Y、RY、BY、Y、I、Q、Y、C、M、サブキャリア変調Y、コンポジットビデオ、またはさまざまな3つのサブ信号の個別の信号などの個別の信号で構成されます。 -上記のピクセル。多くの未熟練者、場合によっては熟練者は、ピクセルと画像要素を同じ意味で誤って使用したり、ピクセルを使用してサブパーツを参照したりします。熟練していない人はよくわかりませんし、熟練した人もよく知っていますが、文脈から意味がはっきりしているので、とにかくそうします。多くの辞書も間違っています。

レーザープリンタで関係する典型的なピクセルスクリーニングプロセスでサブペルで構成されているもの、カラー印刷で黄色、シアン、マゼンタのサブペルで構成されているもの、白黒プリンターで単に黒のトナーのドットであるものです。テレビシステムは、3つの電子信号または3つのデジタル値(Y、RY、BY、またはR、G、Bのいずれか)によって運ばれる複合ビデオ信号(Yおよびカラーサブキャリアコンポーネントを持つ単一のデジタル値)のサンプルです。私たちが探しているテレビと、R、G、Bのカラーサブピクセルで構成されているテレビ画面に表示されているテレビY、RY、BYの値は、テレビアプリケーションでは2つの電子信号として運ばれることが多いことに注意してください。時間多重化されたRY、他のBY。

画像要素はピクセルよりも広い用語であり、状況依存性も高くなります。画像要素には、完全なピクセルと、ピクセルのさまざまなサブパーツ、およびDCT係数などのピクセルに関連しない画像の他の要素の両方が含まれます。たとえば、RGBピクセルの赤い部分は画像要素であると言うのは正しいですが、通常、赤い部分をピクセル自体と呼ぶのは正しいとは見なされません(ただし、テレビ業界に熟練していない人はよくそうします) )。ピクセルが画像の最小部分であると誰かが言うとき、画像がサブパーツを持つピクセルで構成されている場合、そのステートメントは正しくありませんが、ピクセルが最小要素である場合(特に白黒画像の場合、または単一のビデオ信号がサンプリングされました)。したがって、ピクセルが最小の部分である場合、テクノロジーについて話す場合、ピクセルと画像要素のようなものは本質的に同じであると言えますが、ピクセルがサブパーツで構成されている場合、テクノロジーについて話す場合、それらは同じであるとは言えません。これは、使用法の文脈から意図された意味を理解できない未熟な人々の地獄を混乱させる傾向があります。http://www.tech-notes.tv/Glossary/Glos\%20files/p.htm <図style = "width:182px"> File:Pixel-example.PNG

この例は、一部が大幅に拡大された以前のWikipediaロゴを示しています。グレーのさまざまな色合いが混ざり合って、滑らかな画像のような錯覚を作り出します。通常のサイズで表示したときに、テキストのエッジピクセルが陰影で縮小されて、階段状の外観が少なくなる場合があることに注意してください(ここの例のように)。これはアンチエイリアシングと呼ばれます。

画像を表すために使用されるピクセルが多いほど、結果は元の画像に近くなります。画像のピクセル数は解像度と呼ばれます。これは、300万ピクセルの「3メガピクセル」デジタルカメラのように単一の数字として表現することも、側面から640ピクセルの「640x480ディスプレイ」のように数字のペアとして表現することもできます。側面と上から下に480(VGAディスプレイの場合のように)、したがって、640×480 = 307,200ピクセルの総数があります。デジタル化された画像(Webページで使用されるJPGファイルなど)を形成する色付きのドットは、ピクセルとも呼ばれます。コンピューターが画像を表示する方法によっては、これらが画面のピクセルと1対1で対応していない場合があります。区別が重要な領域では、画像ファイル内のドットはテクセルと呼ばれる場合があります。コンピュータプログラミングでは、ピクセルで構成される画像はビットマップ画像またはラスター画像と呼ばれます。ラスターという言葉は、アナログテレビ技術に由来しています。ビットマップ画像は、デジタルビデオをエンコードし、コンピューターで生成されたアートを作成するために使用されます。コンピューターのディスプレイの解像度はコンピューターのオペレーティングシステムから調整できるため、ピクセルは純粋に相対的な測定値です。最新のコンピューターディスプレイは、ピクセルとトライアドの完全な一致を表すネイティブ解像度で設計されています。ネイティブ解像度ディスプレイから可能な限り鮮明な画像を生成します。ただし、ユーザーは解像度を調整できるため、モニターは解像度を表示できる必要があります。これは、複数のトライアドから各ピクセルを描画することによって実現されます。このプロセスでは、通常、ぼやけが発生します。たとえば、ネイティブ解像度が1280×1024のディスプレイは、1280×1024の解像度に設定すると最適に見え、各ピクセルをより多くの物理トライアドで描画することで800×600を適切に表示し、1600×1200で表示できなくなります。物理的なトライアドがないためです。通常、非ネイティブ解像度はLCDよりもCRTで表示する方が適切です。これは、CRTがさまざまなサイズのピクセルを表示できるのに対し、piはさまざまなサイズで表示できるためです。 LCDのxelsのサイズは固定されています。非ネイティブ解像度は、単一の「論理ピクセル」を表示するために複数の固定サイズの「物理ピクセル」を使用して、LCD画面のソフトウェアで概算する必要があります。これにより、画面がギザギザでぼやけて見えることがよくあります。ピクセルは長方形または正方形のいずれかです。アスペクト比と呼ばれる数値は、ピクセルの直角度を表します。たとえば、アスペクト比が1.25:1の場合、各ピクセルの幅は高さの1.25倍になります。コンピューターモニターのピクセルは通常正方形ですが、デジタルビデオで使用されるピクセルは、D1アスペクト比などの非正方形の形状をしています。モノクロ画像の各ピクセルには、独自の明るさがあります。通常、ゼロは黒を表し、可能な最大値は白を表します。たとえば、8ビット画像では、8ビットで格納できる符号なしの最大値は255であるため、これは白に使用される値です。カラー画像では、各ピクセルに独自の明るさと色があり、通常は赤、緑、青の強度のトリプレットとして表されます(RGBを参照)。フルカラーLCDフラットパネルとCRTモニターは、3つのサブピクセルで構成されるピクセルを使用します。 {|

ピクセルで表すことができる個別の色の数は、ピクセルあたりのビット数(BPP)によって異なります。一般的な値は
  • 8 bpp(256色)
  • 16 bpp(65,536色、Highcolourとして知られています)* 24 bpp(16,777,216色、Truecolourとして知られています)。 256色以下で構成される画像は、通常、コンピュータのビデオメモリにチャンク形式または平面形式で保存されます。メモリ内のピクセルは、パレットと呼ばれる色のリストへのインデックスです。したがって、これらのモードはインデックスモードと呼ばれることもあります。一度に表示されるのは256色のみで、これらの256色は、通常1,600万色のはるかに大きなパレットから選択されます。パレットの値を変更すると、一種のアニメーション効果が得られます。Windows95およびWindows98のアニメーション起動ロゴはおそらくこの種のアニメーションの最もよく知られている例。8ビットを超える深度の場合、数値は3つのRGB(赤、緑、青)コンポーネントの合計です。16ビットの深度は通常、それぞれについて5ビットに分割されます。赤と青、および緑の場合は6ビット(目は緑に対してより敏感です)。24ビットの深さでは、コンポーネントごとに8ビットが許可されます。一部のシステムでは、32ビットの深さが使用可能です。つまり、各24ビットピクセルにはその不透明度を説明するための追加の8ビット。古いsyについて茎、4 bpp(16色)も一般的です。画像ファイルを画面に表示する場合、1ピクセルあたりのビット数はラスターファイルと表示で別々に表されます。一部のラスターファイル形式には、他の形式よりも優れたビット深度機能があります。たとえば、GIF形式の最大深度は8ビットですが、TIFFファイルは48ビットピクセルを処理できます。 48ビットの色を表示できるディスプレイはないため、この深さは通常、フィルムスキャナーやプリンターを使用する特殊な専門アプリケーションに使用されます。このようなファイルは、24ビット深度の画面にレンダリングされます。ボクセル(ボリューム要素)、テクセル(テクスチャ要素)、サーフェル(表面要素)など、ピクセルから派生した他のオブジェクトは、他のコンピュータグラフィックスで使用するために作成されています。 ==サブピクセル==フルカラーLCDフラットパネルとCRTモニターの両方で、各ピクセルは3色の3つのサブピクセルで構成されており、間隔が狭くなっています。各単色サブピクセルは、3つの番号参照に従って明るくなり、それらが近接しているため、1つの特別な色のピクセルであるかのような錯覚を引き起こします。サブピクセルレンダリングと呼ばれる、カラーディスプレイの見かけの解像度を上げる最近の手法では、ピクセルジオメトリの知識を使用して、3つのカラーサブピクセルを個別に操作します。これは、ネイティブ解像度に設定されたLCDディスプレイで最も効果的と思われます。これはアンチエイリアシングの一形態であり、主にテキストの外観を改善するために使用されます。 Windows XPで利用可能なMicrosoftのClearType™は、この例です。==メガピクセル==メガピクセルは100万ピクセルであり、通常、デジタルカメラの解像度機能を表すために使用されます。たとえば、 2048×1536ピクセルの解像度で写真を撮ることができる一般的に「3.1メガピクセル」(2048×1536 = 3,145,728)と言われています。一部のデジタルカメラ(デジカメ)は、輝度レベルを記録するCCDを使用しています。 X3 CCDには、赤、緑、青のカラーフィルターがあり、各ピクセルが単一の主要色の明るさを記録できるようになっています。したがって、Foveon X3 CCDを使用しないデジタルカメラのピクセルは、サブピクセルに似ています。カメラは色情報を補間して最終的な画像を作成します。したがって、デジタルカメラからの「x」メガピクセルの画像は、スキャナーで撮影したものと同じ画像の1/4の色解像度しか持たない可能性があります。詳細解像度は損なわれていません。したがって、青または赤のオブジェクトの画像は、灰色の色合いの同じオブジェクトと比較してぼやけて見える傾向があります。緑にはより多くのピクセルが割り当てられるため、緑のオブジェクトはぼやけにくく見えます(目の感度が上がるため)。詳細については、[1]を参照してください。==関連項目==
  • コンピューター表示標準
  • 画像の解像度
  • voxel
  • ベクトルグラフィックス
  • hunt-the-pixel
  • putpixel *電子マップ*ピクセルアート*ギガピクセル画像==外部リンク== *デジタルビデオの解像度とピクセルアスペクト比のクイックガイド

|| |}

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です