クラッシュギアターボ


プロモーションアート

激闘!クラッシュギアターボ(激闘!クラッシュギアターボ、激闘!クラッシュギアターボ)は、サンライズが制作したアニメシリーズです。 2001年10月7日から2003年1月26日までアニメテレビネットワークAnimaxで全国に放映された68のエピソードにまたがりました。その後、Animaxによって全国に放映された続編のCrush GearNitroが続きました。

コンテンツ

  • 1ストーリー
  • 2エピソード
  • 3文字
  • 4プロダクション
  • 5メディア
    • 5.1国際リリース
    • 5.2VHSリリース
    • 5.3DVDリリース
    • 5.4映画
    • 5.5マンガ
    • 5.6ビデオゲーム
    • 5.7音楽アルバム
    • 5.8本
  • 6人のスタッフ
  • 7つのテーマソング
  • 8つの雑学クイズ
  • 9つの参考資料
  • 10個の外部リンク

ストーリー[編集|ソースの編集]

ストーリーは、クラッシュギアが大好きな5年生の少年コウヤマリノを中心に展開しています。兄のユヒヤ・マリノからクラッシュギア、ガルーダイーグルを受け継ぐようになる。 Yuhyaはたまたまアジアカップチャンピオンであり、4年前に亡くなる前にワールドカップトーナメントに出場しました。

コウヤのスキルは、兄のスキルにはほど遠いです。トビタクラブでのエリミネーションマッチに遅れて到着した後、彼はほぼ失格となった。さらに、チームメンバーのほとんどがマンガンジクラブ(クラブメンバーの1人であるマンガンジタケシによって作成されたチーム)にシフトし、兄のクラッシュギアクラブがライバルチームからの絶滅の脅威に直面しています。

諦めずに、こうやは武に挑戦する。 Kouyaは、クラブとYuhyaの評判の前に、クラブを以前の栄光に戻す方法を見つける必要があります。彼の決意と情熱はすぐに彼に新しい仲間の尊敬と友情をもたらします。小豆饅頭を愛するギアファイターのオリザ二郎。素晴らしいギアマスター、キョウスケ・ジン。そして、熟練した剣士である黒堂丸目は、それ自体が評判の良いギアファイターです。

ストーリー全体を通して、コウヤは最終的に友人の助けを借りてクラッシュギアのテクニックを開発しました。クラッシュギアは大切な友達だと感じ、勝利へと導く。また、相手の同じ気持ちを認識することで、ライバルとでも友達になります。

エピソード[編集|ソースの編集]

主な記事:クラッシュギアターボのエピソードのリスト

キャラクター[編集|ソースの編集]

主な記事:カテゴリ:キャラクター(クラッシュギアターボ)

制作[編集|編集元]

激闘!クラッシュギアターボの企画は2001年3月に始まり、2001年10月に放送を開始する予定でした。プロデューサーの古里尚丈は、単三電池2本とモーターを使ったおもちゃの車のプロトタイプを受け取りました。おもちゃの車は直線ではなく円を描くように動作し、オペレーターが互いに衝突させる可能性があります。彼はこのコンセプトを使用してクラッシュギアシリーズを開発しました。

古里によると、このショーは、3Dグラフィックスの使用を真に採用した最初のサンライズプロダクションでした。彼は、3Dレンダリングにより、アニメーターは「ギアファイトのステージでの存在感を鮮やかに表現」し、花火や煙などの実際のおもちゃのギアにはない効果を組み込むことができると付け加えました。 3D制作責任者の福田己津央は、3Dでしか表現できない要素もあるので、3Dを最大限に活用すべきだと語った。古里は、これが戦闘シーンを独特に見せたと結論付けました。彼は、各Gear to Sunriseの「すでに確立されたノウハウ」のカスタマイズと要素属性を評価しました。さらに、プロデューサーは、Gear Fighter Dendohでの彼自身の経験と、魔神英雄伝での井内秀治監督の経験を評価しました。アニメの形成。

古里は、シリーズの作成者が子供たちに友情や他人への信頼などを考え、大切にすることを奨励し、シリーズが人間関係の深化を表現することを目的としています。シリーズは平成の星神の星とあしたのジョー(1989年〜現在)の感覚を持っていると付け加えた。 [1]

メディア[編集|ソースの編集]

国際リリース[編集|編集元]

  • 2002年にアニメをベースにしたおもちゃが人気を博したフィリピンでは、Crush GearTurboがCartoonNetworkで英語、ABS-CBN、Studio 23、HeroTVでリリースされました。フィリピンで。
  • アニメはマグナパシフィック経由でオーストラリアでもリリースされました。

VHSリリース[編集|ソースの編集]

DVDリリース[編集|ソースの編集]

映画[編集|ソースを編集]

映画「激闘!クラッシュギアターボ-カイザバーンのチャウセン! 2002年7月20日、東映夏アニメフェア2002で放映されました。この映画では、新しいキャラクターのギアエンペラーと新しいクラッシュギアのシーザーバーンが紹介されました。

Manga[edit | edit source]

A manga adaptation of Crush Gear Turbo was illustrated by Hisashi Matsumoto, which was serialized in Comic Bon Bon magazine between October 2001 and January 2003. The first volume of the manga was published in Japan by Kodansha on February 2002, and the fourth and final volume was released on March 2003.

Video games[edit | edit source]

Music albums[edit | edit source]

Books[edit | edit source]

Staff[edit | edit source]

  • Original creator – Hajime Yatate
  • Director – Shuji Iuchi
  • Producers – Shun Hiraguchi, Hirokazu Honmyo, Naotake Furusato (Sunrise)
  • Series Writer – Fuyunori Gobu, Hideji Iuchi, Hiroaki Kitajima, Hiroyuki Yoshino, Noboru Kimura, Shin Yoshida, Shino Hakata
  • Character Design – Atsuo Tobe
  • Mecha Designer – Kunio Okawara & Kimitoshi Yamane
  • Music Composer – JAM Project, Kenichi Sudo, Yogo Kono

Theme songs[edit | edit source]

  • “CRUSH GEAR FIGHT!!” by JAM Project (Opening theme)
  • “Ai da yo ne!! ~Gear wo Tsunagou~” by JAM Project (Closing theme)
  • “Kaze no EAGLE” by JAM Project (Insert theme)

Trivia[edit | edit source]

  • In the Filipino dub (ABS-CBN), the anime is simply known as Crush Gear

References[edit | edit source]

  1. ↑ “Interview Side A.” Sunrise Animation.

External links[edit | edit source]

  • (Archived) Official site
    (Note: In order to view the site”s text you have to right-click and choose “Select All” (in most Web browsers), or use the Ctrl+A keyboard shortcut)
  • Information in Sunrise”s official website

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です