アンデスオオカミ (日本語)


この記事はスタブです。
この記事は本来よりも短いです。あなたは関連情報でそれを拡大することによって未確認動物学の百科事典を助けることができます。

ミュンヘンの動物学博物館にあるアンデスオオカミの毛皮。

アンデスオオカミはおそらくアルゼンチンのアンデス山脈から報告されたイヌ科の新種。[1] [2]

皮膚

このセクションにはウィキペディアのコンテンツが含まれています。

1927年、ローレンツハーゲンベックは3つの毛皮のうちの1つを購入しました。アンデスの野生の犬から来たと主張したブエノスアイレスのディーラー。アンデスオオカミに似ていますが、毛皮は厚く、毛皮は暗く、耳は小さくなっています。

アンデスオオカミとミュンヘンの有人オオカミの比較 “未知の動物の軌跡

1947年、インゴクランビーゲルは、1935年にアンデスで発見した頭蓋骨と毛皮を結び付けました。[1]彼は、頭蓋骨の長さが31センチメートルで、タテガミオオカミの頭蓋骨が約24cm小さいため、タテガミオオカミよりもかなり大きい雑食性のイヌ科に属していると主張しました。タテガミオオカミも頭蓋骨を見つけた場所では発生しません。彼は動物を説明し、その学名を示唆する論文を発表しました:Dasycyonhagenbecki。[1]

ミュンヘンの動物園に残っているペルトのDNA分析の2000年の試みは、人間、犬、狼、豚のDNAで汚染されており、化学的に処理されていたため失敗しました。

理論

前述のように、Ingo Krumbiegelは、この動物は新種である可能性があると信じていました。別の可能性は、動物がタテガミオオカミの頭蓋骨とジャーマンシェパードの皮膚の偶発的なペアリングから生じたということです。[1]

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です