エブゴゴ

エブゴゴは、インドネシアのフローレス島の人々の神話に登場する、レプラコーンやエルフに似た形の人間のような生き物(または生き物の種族)です。 。これらの「小さな人々」は、身長が約1メートルで、髪の毛で覆われ、腹が立っており、耳が突き出ていると言われています。彼らはややぎこちなく歩くように保持されており、彼ら自身の言語であると想定されているもので「つぶやいている」とよく言われます。また、島民からは、エブゴゴはオウムのように言われたことを繰り返すことができると言われています。

セントラルフローレスのある言語では、名前はebu「祖母」とgogo「何でも食べる彼」という言葉から「何でも食べる祖母」(またはおそらく「祖母大食い」)を意味します。

凡例[編集|編集元]

エブゴゴに関連する伝説は、伝統的に、ネイチャー誌によると、フローレスには存在しないが、現在のフローレスの人口が来る他の島で知られているサルに起因していました。これらの伝説はやや詳細であり、ハワイのメネフネ、スカンジナビアの墓や小人のように、現在の人口に取って代わられた島の以前の住民の民俗記憶を表す場合があります。または、超自然的なものを表す場合もあります。グアムのタオタオモナに沿った、島民の故人の祖先の理解。しかし、エブゴゴに起因する特定の魔法や神秘的な能力はありません。

フローレスの人々は、400年以上前にポルトガルの商船が到着したときにエブゴゴが生きていたと信じており、100年前まで生き残ったが、現在はそうではないと主張する人もいます。見た。

ニューサイエンティストの記事(Vol。186、No。2504)は、エブゴゴを取り巻くフローレスの民間伝承について次のように説明しています。

フローレス中心部のネイジの人々は、約300年でその方法を説明しています以前、村人たちはエブゴゴをだましてヤシ繊維の贈り物を受け取って服を作って処分しました。エブゴゴが繊維を洞窟に持ち込んだとき、村人たちはそれを火につけるために火のブランドを投げ入れました。物語は、おそらく最も深い森に逃げ込み、その子孫がまだそこに住んでいる可能性がある1組を除いて、すべての居住者が殺されたということです。

人類学者のグレゴリー・フォースによれば、この記事はインドネシアではそのような話が一般的であると述べています。エブゴゴが人間の子供たちを誘拐し、彼らから料理の仕方を学ぶことを望んでいるという伝説もあります。子供たちはいつも物語の中でエブゴゴを簡単に裏切っています。

子供の話エブゴゴ:エブゴゴが18、000年前に人間とどのように相互作用したかについての物語を語る「テイルズオブミニマン」も書かれています。

Homo Florensis?[編集|ソースの編集]

2003年にフローレスで発見された高さ1メートルの類人猿、ホモフローレシエンシスは、エブゴゴの物語のより文字通りの解釈を示唆しています。H。フローレシエンシスは科学者たちは、「11、000年前のフローレスのホモサピエンス」の最初の証拠の前に、約12、000年前に火山の噴火によって絶滅したと考えています。ただし、H。floresiensisの絶滅の日付は不明です。

[ryptozoologist Loren Colemanは、エブゴゴの物語を南アジア中の他の「プロトピグミー」の目撃情報に関連付けています。コールマンは、パトリック・ユイグと共著した著書「ビッグフットとその他の謎の霊長類へのフィールドガイド」(NY:アノマリストブック、2006年)に記載されているように、類人猿学の中で、これらの伝統を小さくて毛深い類人猿の生存に結び付けています。この本の表紙はエブゴゴの絵で描かれています。

考古学者は、エブゴゴが最近住んでいたと言われている洞窟を含め、フローレス島のさらなる調査を計画しているため、これに光を当てる可能性があります質問。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です