Yeho (日本語)

yahooと混同しないでください。

プエルトリコのナマケモノ(Acratocnus odontrigonus)のイラスト、地上のナマケモノの長い尾の特徴なしで描かれたアメリカ自然史博物館。

イェホ(アジャグベまたはカンバリ:「悪魔」[1])は謎めいた報告ですキューバ、バハマ、イスパニョーラ島、トリニダード、プエルトリコを含むカリブ海のいくつかの島から、特にアンドロス島のフレッシュクリークとロング島から、両方ともバハマにあります。[1]それらは、危険なクマのような爪と後ろ向きの足を備えた、サルからクマのサイズで毛深いとさまざまに説明されています。[1]さまざまな著者によると、彼らは直立して歩き、人間の女性と一緒に繁殖することができます[2]森に住んで「イェホ!」と叫ぶか、洞窟に住んで夜だけ出てきます。

ジョージ・エバーハートは、アフリカの奴隷起源のバハマ人の民俗記憶に記憶されているように、それらが低地のゴリラを表していることを示唆しています。[1]デールA.ドリノンは、霊長類には爪がないことを指摘し、本土の地上性ナマケモノよりも小さく、植民地時代まで生き残ったと考えられているアンティリアンの地上性ナマケモノを生き残っていることを示唆しています。ウォーカーの世界の哺乳類によると、骨は、導入された国産豚の骨と並んでヨーロッパの貝塚で発見されました。[3]

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です